2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.11.12 (Mon)

函館旅行⑦ トラピスチヌ修道院

何もかも

見透かされているような

気もします


DSC00254.jpg

ミカエル様がお出迎え

ここに入ったとたん、空気が違う気がする
トラピスチヌ修道院

【More・・・】

DSC00256.jpg

何もかも包み込んでくれそうなマリア様

DSC00257.jpg

そんなマリア様に
両手を合わせ、ナムナムしてる観光客(50~60代)

なんか違うような気もするが
祈る気持ちは世界共通

DSC00258.jpg

修道院を上がる階段

観光地であるけれど、修道女たちは、毎日そこで、
祈りをささげたり、作業をしたりしているのです

ところどころに「お静かにお願いします」という注意書きがあるから
みんなそーっと登っていく中
キャーキャー騒ぎ、写真撮りまくりの女子2人組

誰かに写真を撮ってもらっている様子

「しぇいしぇい~♪」

あ、なるほど ね
 
DSC00259.jpg

ジャンヌダルクが函館山を見下ろす
そんな赤レンガがキレイな建物

DSC00260.jpg

青空をバックにテレジア様が
修道女達を見守っているのです

中の様子は別館のパネルにしてある写真で見ることができるのですが
全体的に清潔感が溢れていて、ロウソクを持って祈る姿を見ているだけで
泣きそうになる

8時間祈り、8時間農業をしたり、工芸品を作ったり
そんな作業を繰りかえしている修道女

祈りを込めて、丁寧に飴を作ったり、クッキーを焼いたり、刺繍を施したり

毎日8時間も、フランス刺繍なんかができたら楽しいなぁとか
そんなことをチラリと思ってみたけど

朝3時30分起床
夜7時45分就床

そんなことができるわけがない

チラリとも思ってしまってゴメンナサイ、マリア様

なんとなく
浅はかな私の思惑とか
煩悩とか悪意とか
何もかもばれているような気がして
申し訳なくなった帰り道

トラピスチヌ修道院 Wikipedia
スポンサーサイト
10:37  |  旅行記
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。